2015年05月11日

15.05.08 SKE48 手をつなぎながら公演

遠方枠当選、番号は高寺沙菜生誕祭よりも若くて期待大。この日は上司に休みをなんとかしてくれってお願いしてた。ウチの職場はドルヲタだらけだから、チケットさえ確保してしまえば何とかなる、いや何とかしなきゃいけない所なんだけど、今回は日程発表された時点での休み変更、見事に遠方での当選GET!

野口由芽・矢方美紀・山田樹奈・青木詩織・磯原杏華・市野成美・梅本まどか・鎌田菜月・木本花音・熊崎晴香・小石公美子・斉藤真木子・酒井萌衣・佐藤すみれ・高寺沙菜・谷真理佳・福士奈央


公演メンバーが発表された時はさーなんもいるし、花音にあやちゃん、7すーめろもいるって期待してたけど、実際に当日を迎えるまでは悲報の連続…

 5月8日、9日 出演メンバー変更のお知らせ

 本日の公演について

特に佐藤すみれの変更は痛かった…


新幹線にして当日14時頃に名古屋入り、KE-TAさんと落ち合ってサンシャイン栄まで。KE-TAさんも遠方から申し込み続けてたのですが、残念ながらの一般枠まで落選。それでもわざわざ遠方からロビ観を詩に来てくれた素晴らしい方です、ねぇ、つい最近わざわざロビ観しに博多の劇場まで飛んだ奴もいますが!

カフェで楽しく時間を過ごしましたね。普段は握手会場の妃星レーン前でお会いする位ですもの、ゆっくりと語りあえた事だけでも名古屋へ来たかいってものはあります。


■ さーなんの人気上昇を実感

遠方入場、キャンセルもでたらしく前回と全く同じく0ポジ確保。今回は休演に次ぐ休演なので。さーなんどのポジなのか全く予想もできずに安全パイ。前の席とかにデカいヤツが来なかったのも幸いだったけど、宮脇咲良の生誕Tシャツを着ているのは何で?

公演始まって、約半年ぶりの手つな、本当に最初の4曲はアッという間。今回は泣かなかった、ただただ圧倒されてたって感じだな。さーなん、たった半年でここまでダンスがキレキレになるか、率直な感想として言葉悪いけど狂ってる。いや芸能のもっとも本質かもしれないと思うが、ヤバい。表現力もものすごくついてきてる、シャッフル公演で他チームに出たのがデカいのか、とにかく成長っぷりはもの凄かった。

ユニットは柴田休演のため、ピンクブルドン。本当は青こそが至上のブルドン青派ですが、さーなんピンクで良かったよ、オレの心の中にはまだつうちゃんが生きていちゃったりするからさ。上書きされなくて済んだのかって思うとね、複雑な心境ですよ全く。

それにしても、ブルドンは高まり過ぎて、掟破りのアレを発動。さすがにDMMに痕跡は残ってないけど、劇場公演で発動は初めて。やっぱり、このユニット曲は本気で好きだわ!


■ すーめろアンダーで初じゅな

佐藤すみれ代役で一部出演は山田樹奈、今まで気にはなっていたけど生で見るとやっぱ心がグッと掴まれちゃいますね。こういう子ばっか見てるから色々と言われちゃうんですけどね…えぇ…

すみれユニット曲と後半3曲のみの出演。体調不良ながら雨のピアニストのinoccenseはもの凄い、これで万全のコンディkションだったらどうなっていたんだろうと。本当にわざわざこの曲だけのために出てきたのも感謝。これは栄の劇場に師匠を連れたいかないとダメだと強く思った瞬間だね!


■ SKEとHKTのスタイルの違い

公演を見ていると思うけど、SKEのダンスのキレ、揃いっぷりは本当にすごい。もう圧巻、見ているだけで感動するけど、オレが本当に求めてるものはコレじゃないってのも思い知らされた公演だった!

何て言っても、実に谷ヲタが羨ましい。公演中にもうバンバン来る、バンバン来る。SKEメンは基本的に真面目にダンスに集中しちゃってるからね、その辺りの違いってのはデカいんだけど、オレはすっかり博多のカラーに染まってしまったのかもしれない。

ただ、逆にこういうカラーが入り込むようになって良かった部分って物凄くあるのね。MCとかは断然面白くなってるんだよね、花音の顎ネタとか今までじゃ考えられなかったネタがブッコまれてるし。何か開き直った楽しさってあるよな。この谷の移籍、オレは良かったと評価する。


■ お見送り会の悲劇

栄のお見送り会はメンバーが名前の順に並び、最後はBDの終わる。特に本日の公演は7期研究生が公演デビューを果たした特別な一日。さーなんも外はねツインテールで決めてきてる日なのに…

一番最初に市野成美ちゃんに声かけて、そして本命のさーなんに声かけた瞬間に悲劇は起きた!

谷 「あーっ、〇リコンだぁー」

どう考えてもご褒美です、本当にありがとうございます。

それに真面目に応えるオレもどうかしちゃってるが、お蔭で樹奈や7期の子と何も特に会話らしいこともできずに劇場を後に。7期で気になってる子が出演しててな、そこを見事にブッ潰されたわけだが、谷よ!

こういうやりとり、よくある事なの…か?


という訳で日帰り栄遠征も無事に終わりました。やっぱり印象に残るって事って大事なんだなって改めて実感、お蔭様で谷レーンに乗り込む事が決定しました。本当は泊りで終演後には飲みたかったけどね、なかなかスケジュールがそれも許さず、今回はそのまま帰京。

結構ハードだったけど、やっぱ劇場公演は最高です。明治座の舞台t現場は続いてきましたが、やっぱり原点はココ。また、行きましょう、次は連番か同伴で!

← BACK 15.03.15 HKT48 パジャマドライブ公演

→ NEXT
posted by My Planet at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇場公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

注目のドラフト候補生 vol.4

■ 第2回 AKB48グループ ドラフト会議

独断からなる、握手会で気になった子をピックアップ 第5部の巻

■ 千葉恵里










この感覚、何年ぶり…だ?

臓器って動く事を体感できるってね、改めて思った。すげぇわ、隣のレーンから見た瞬間に何かヤバいって思った。握手そのものは普通に年齢相応だったんだけどね、最後のレーンを並んでいた時に事件は起きた!

あれだけ普通に緊張した女の子が、1つレーンをまたいだこっちにレスくれるんだぜ、斜めからのレスを愛する我々にとってこんなど真ん中直球はないでしょ、完全に射抜かれました!

聞いたら冷静に周りを見たいるんだってね。正規メンバーでもレーンにワタ来ても気づかずに携帯弄ってるヤツ多いのにね、オレみたいなのはチョッカイだすの好きだから隣にチョッカイだしてレスもらって個別にいくなんざ数知れず。この職人芸を早くももっている事には感動したよ。


そしていよいよ、ドラフト会議を迎える訳ですが、ここにきてまさかのポンコツが判明して正直どうなる事やら。密着映像とかだとシッカリしたおねぇさんだったのにね、まさかまさか、どうなるんだ?

何か底知れないものを持っているんだと思うね、この子。本当に指名漏れだけは回避してもらいたい。何かある、絶対に何かある。それを見るまでは、おれは成仏できない。どうか各チームの皆さん、えりぃだけは本当にお願いします!

← BACK 第2回ドラフト会議 候補生握手レポ vol.4

→ NEXT 15.05.10 AKB48G 第2回ドラフト会議
タグ:千葉恵里
posted by My Planet at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2回ドラフト会議 候補生握手レポ vol.4

■ 第2回 AKBG ドラフト会議

4月26日のパシフィコ横浜にて行われたGF個別での候補生握手会について、引き続き。基本的にループした順番での記載になります。正直、この部が本命でここだけ来ても良かったといっても過言ではない、と思ってた時期もありました。

【70レーン】 永山凜・松岡はな

まーた子供揃いなレーン、ここは2人だけだからサクサクと進んで良かったけどね。永山凜ちゃんは子供だ、こどもだぁって印象しかなかった、顔とかもいいと思うんだけどね。松岡はなちゃんは動画で結構好きだったけど…って感じ、やっぱ、こういう握手ってのも向き封切ってあるんかなぁ?

【68レーン】 日下部愛菜・久保怜音・西村菜那子

ちょいお姉さんいると一気に安心するなぁ、西村さん。いい雰囲気を持った子でもしドラフトでなければって思うね、いい感じにポジション収まる姿が見える。久保怜音ちゃんは一気に攻めてきやがった、あんな事をいったの博多の毒狸ぐれぇだ、推し変しちゃうぞ?
日下部愛菜さんは博多志望だっけ、出身地とかだ今回の支配人の考えにどうぶつかるかなんだよね。これまた難しい事を考えさせてくれるわ…


【67レーン】 影山優佳・千葉恵里・堀詩音

影山優佳ちゃんはとってもサービス精神旺盛、とっても良い子で投げキッスとピストルズキュンと頂きました。美味しいよね、なんか得した気分スゲェわ。千葉恵里さんはとっても、とっても、今日一番な子供な斜め職人でした。斜めマニアにはタマラナイ!

堀詩音ちゃんは元気な子、でも文句は剥がしに言ってくれ。まさかの2ループ連続の高速かよって!


【69レーン】 一色嶺奈・柴田優衣・道枝咲

終了後に67レーンをループしたから最終って訳でもないけど、妙に混んでたこのレーン。早期締切するかのごとくスタッフのアナウンスもすごくてギリギリ滑り込みやって思ったけど、結構中に入れられたんね。
こんだ理由ってのもわかる、三人ともレベル高かった、もうこれしか言いようのない。この中で指名漏れが起きるとも思えないんだよな…


という訳で、最終部は結構カツカツだったので、メモも忘れての握手でわりと印象が濃すぎるんだよ、もの凄く濃かったゆえに薄れてしまった部分が多かったです。正直、このひのこのメンバー、誰一人として指名漏れとかしてもらいたくないもん、そう思ってしまった。それでも時間は差し迫ってくるわけだ、さて、どうなる、どうなる?


← BACK 注目のドラフト候補生 vol.3

→ NEXT 注目のドラフト候補生 vol.4
posted by My Planet at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

注目のドラフト候補生 vol.3

第2回 AKB48グループ ドラフト会議


独断からなる、握手会で気になった子をピックアップ 第4部の巻

■ 笠井かな









KE-TAさん一推しの子って事で注目してたけど、握手の時の対応も素晴らしい。柴田阿弥との握手を思い出させてくれるとは思いもしなかったね、一気にグッと来てしまった。KUが一位指名しそうな予感がしているんですけどね、実際の所どうかしら。パフォーマンス的にも即戦力だし、地元も静岡、良いんじゃないの?


■ 川口真実









ほら好みのタイプってあるじゃない、だから最初はノーマークだったんだけど、SKE劇場でお披露目された時の自己紹介が妙にブリブリした感じで、今回の握手でそこの所を突っ込んでみたら、実にブリブリした感じで何かツボにハマってしまった!

圧巻はお次の師匠の時、年齢聞いたら11歳って答えたらしく、何歳サバ読んでるんだよと、しかも師匠がそれを信じちゃったりとかして、さっきの真ん中の子が11歳で…とか言い出した時はもう大草原
ついさっきまでリアル11歳と何回もにぎにぎしてたでしょうが、JK6とJD2の違いぐらいって、ってとにかくこんなに草を生やさせられるとも思いもしなかった。どんなボールがとんでくるかわからない怖さがある、だからこそ、kの事をもっと知りたいよね!

← BACK 第2回ドラフト会議 候補生握手レポ vol.3

→ NEXT 第2回ドラフト会議 候補生握手レポ vol.4
posted by My Planet at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

第2回ドラフト会議 候補生握手レポ vol.3

■ 第2回 AKBG ドラフト会議

4月26日のパシフィコ横浜にて行われたGF個別での候補生握手会について、引き続き。基本的にループした順番での記載になります。この頃になると朝から飯も食べずにブッ通しにループしているから、中の人の方が限界かも…

■ 4部

【66レーン】 和泉伶奈・谷野有沙・西川怜

非常にバランスのとれた配置かと。西川怜ちゃんは緊張してたのかな、これから感がある。谷野有沙ちゃんはセンター感があるね、そうでも無いがジワジワ来るって感じか、少し離れてみるとちょっとしkた仕草とかも凄くカワイイ。

和泉伶奈のりこぴ感は異常、りこぴりこぴって何か言ってたかわかんねぇ。セクシー路線いいじゃないって言ったら返しも面白かったし、でも意外と若いんでよね。ラスト1ループ出来るとき、何処するかって悩んだら、ここに決めた要因だね。面白い子ってやっぱ面白い!


【65レーン】 笠井かな・島ア燿梨・高橋希良

笠井かなちゃん目当てで既にかなりの当日券を確保している方がいらっしゃるので、どんな子か期待して言ったけど、握手の対応はあやちゃんを彷彿させる子でした。うん、見る目あるなぁ、対応良くって確保した甲斐あったなぁ!

島ア燿梨の圧倒的ぱるる感。デビューした頃に似てる、対応はにて欲しくないが、これオリジナルなのか、親戚か何なのか、よく分からないけどこの子は塩って言うよりただのポンコツかも。高橋希良ちゃんは安定してたね、剥がしが早くなければと悔やまれる…


【63レーン】 荻野由佳・川口真実・清司麗菜

15期仮研究生だった荻野由佳ちゃん、雅とめぐで打ち止めじゃなかったんかよって、内部のセレクションで切られたのかどうかわからないけど、指名はどうなんだろうね。色んな裏話は聞いてみたいから入っては貰いたいけど。

川口真実の対応は面白い、くそ面白い。何かよく分かんねえけど、この子はツボにハマった。清司麗菜ちゃんは原石感ある。


【64レーン】 西潟茉莉奈・樋渡結依・女鹿椰子

握手開始の前からこのレーンの雰囲気は異常だった。基本的に数字の大きいレーンから回ってたんだけど、この列に下手に飲み込まれたら最後が回りきれない恐れもあったので、最終にまわす事に。そうしたら案の定、自分たちの入った辺りで早期の鍵閉め、ゴネるヲタ多数!

目標メンバーに達家真姫宝の名前をあげた女鹿椰子ちゃん、この子の名字も凄いが好印象な感じでした。そして、樋渡結依ちゃん今回の本命二重丸。レーン近くで見るとそうでもないって思ってしまったけど、目の前に立つともの凄いオーラあんのな、これは違う感が半端無い。いままでループしてきた子たちとは違う何かがある、もう選抜クラスな佇まいなんかねぇ?

西潟茉莉奈ちゃんは順番の割には何とか頑張ってくれた、この子もええ子じゃ!



この部は64レーンが早期締切、事前にスクリーンに締切あるって表示されていたからね、予想通りの結果になった。まぁ時間に間に合わなかったヲタが、まぁゴネるゴネる、ねぇ見っともないよ、無料サービスで握手させてもらってるんだよ、そもそも握手券ですらあくまでもCDのおまけの扱いなんだからさ、これで入るの認められたらウチにある幾多のお干し様を救済してくれってもんだ!

だいたいさ、締切に間に合わなかった連中って他の子の握手にでも行ってたんだろ、覚悟が足りないんだよ。オレもそうだけどさ、師匠なんか2部〜5部の本村碧唯を全部干して来てるんだぜ、それも普通に考えたらアホかって言われる枚数をだよ。メシも喰わずにずっとドラフト候補生の4レーンに張り付きっぱなし、そこまでやっててギリギリだったんだもん。

正直、アナウンスとかも少なかったけどね、でもこんなの慣れっこだろ何回も参加してれば。あくまでも今回の握手会は無料サービスなんだよ。本気だったら今持っている握手券なんか干せ、不眠不休でレーンに並べ、金を溝に捨ててでも行くんだよ、オレたちはマジだぜ?

← BACK 第2回ドラフト会議にNGT48が参戦

→ NEXT 注目のドラフト候補生 vol.3

posted by My Planet at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2回ドラフト会議にNGT48が参戦

NGT48『ドラフト会議』に参加 北原里英キャプテンらが直接指名へ

どういうアングルでこの発表があったのか、現地参戦組としては指名漏れした子が捌けるタイミングできたりえが「ちょっと待ったーーー」って叫んで乱入して全員救済だったら盛り上がったんだろうに、先にこういう発表しちゃう理由はいったい何なんだろう、らしくない…


1. NGTオーディションの状況が芳しくない

マジな話、これあるかも。これまでは三大都市圏で、博多はAKBグループに勢いが一番あった時期にできたからま良い伊けど、新潟じゃ周辺都市圏の人口規模も考えると厳しいかな。思った以上に人材が集まらないので、まぁ幾分か合宿とかもこなした軸になるメンバーを結構な数を確保かと…

ドラフト候補生にとっても悪い話じゃないんんだよね、他の所だと研究生スタートで上の壁も厚いけど、新潟ならオリメンで正規昇格も時間の問題、うまく勢い乗れば本店シングル選抜も他のルートよりも圧倒的に早いだろうしね。


2. あの子を新潟のセンターに!

握手に行った人間ならわかると思う、樋渡結依の圧倒的存在感。



何かこうね、もう他の子とは持っているものが違い過ぎるでしょ、いきなりど真ん中に置いても違和感ないもん。難波が獲るっぽかったけど、じゃあ難波に入って正規に昇格して選抜に出てくるまでどれだけの時間を要するのか。

もういきなり新潟のセンター確定で話が出来上がってるんじゃないかって思うのよ。あのレーンに入ってくる人、人、人、雰囲気が明らかにおかしかったもん。あの反応を見て動いたんじゃないかな、もう筋書は出来上がっていると思う。


後は当日になってみないとわからないけど、とりあえず指名の当落上の子はホッとしたんじゃないかな。なtんて言ってもオレの推しの子もボーダーだからなぁ、枠自体が増えれば可能性は増える訳で、何とか本店に指名が理想、新潟ならNGT初日全力だわ!

← BACK 注目のドラフト候補生 vol.2

→ NEXT 第2回ドラフト会議 候補生握手レポ vol.3
タグ:NGT48
posted by My Planet at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

注目のドラフト候補生 vol.2

第2回 AKB48グループ ドラフト会議


独断からなる、握手会で気になった子をピックアップ 第3部の巻

■ 上村亜柚香







割と子供なんかなって思ってたけど、清楚な雰囲気が漂てて、オーラがあるよね。尊敬するメンバーにだーすー通って思ったけど、握手対応はまさに推しを見習っていい方向で、2ループ目もいきない舞子口調で迎えてくれて度胆抜かれたし。なんていったも握手が終わって見送る瞬間もシッカリとした御辞儀をしてビックリだね、あんなに丁寧にやってくれる子はなかなか居ないよ。

その割に、レーンの流れで一瞬の隙があると、レーンの隙間からチョッかい出すの好きなウチらにも、ちゃんとレスくれたりもするんだよね。笑顔で手を振ってくれるとねぇ、ちっひーみたいについつい行ってしまうし。この子は栄志望だしね、7期もデビューしたばかりだもんで、こうやらないとダメなの分かってる感じかな、想像以上にシッカリしたお嬢さんで本当に将来が楽しみだよ!


■ 村中有基







正直な話、見た目や雰囲気はどストライク、でもこれまでに公開されてた動画を見るとポンコツ過ぎて指名厳しって思ってた。そこでさらに追い打ちをかけるのが合宿の動画で、一度逃げたのに戻ってきたのもこれがどういう意味合いがあっての事か、ちょっと気になるんだよね…

ちな、オレも出戻りとかやったことあるしね、色々とあるし気持ちもわからないでもない。すこし感情移入しちゃう面もある。この子は本当にどうなるんだろう、前回のKUmたいに、どこかが下位で指名するかどうか、ものすごく気になる…

← BACK 第2回ドラフト会議 候補生握手レポ vol.2

→ NEXT 第2回ドラフト会議にNGT48が参戦
posted by My Planet at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2回ドラフト会議 候補生握手レポ vol.2

■ 第2回 AKBG ドラフト会議

4月26日のパシフィコ横浜にて行われたGF個別での候補生握手会について、引き続き。基本的にループした順番での記載になります。この部だけ握手券があったので、それを消化してからだから、スタートが若干遅めな開始かな。

■ 第3部 


【70レーン】 上村亜柚香・本郷柚巴・安田桃寧

LO三連発のまさにオレのためのレーン、しかもそれぞれタイプのちがった子だから何も言う事も無し。安田桃寧ちゃんは元気いっぱい、本郷柚巴ちゃんは正統派系、上村亜柚香ちゃんは意外にも清楚な雰囲気でキャラも分かれていたし、この3人でのユニットを見てみたいなぁって、後ろと口を揃えて言ってたわ。

オレ的にはウインブルドンで、青、ピンク、黄色のそのまんまなイメージだけど、天使のしっぽも捨てがたい、がこれはHKTでやったばかりだからやっぱブルドンでしょう。もうこのメンバーはまとめてチーム採用してくれと!


【69レーン】 白井琴望・末井梨愛・山根涼羽

LOフィーバーで高まり過ぎた後なんで、若干の印象が薄い感じ、回る順番によって割を喰っちゃったって感じだなぁ。山根涼羽ちゃんが元気で良い印象なくらい、師匠は末井梨愛ちゃんを評価してたけど、師匠なりの何かがあったんだろうなぁ、オレみたいな凡にゃわからない何かがあるのかもしれない。白井琴望ちゃんはファッションが何か気になる感じの子だった、アイドルらしさっていうのも感じたね、ちょい義妹に似たな感じな子だった。

ここは少し回る順番が厳しすぎたなぁ。もう1ループできてれば違ったし、もちろん最後に70レーンをいくコースだったらなぁ、もう少しこの子たちの事を知りたかったなぁ…


【68レーン】 西仲七海・野村奈央・水野愛理

割と大人に見えるけど実はなレーン、ここは注目株が多いから混雑してた。そろそろ時間との勝負、かなり厳しい。西仲ちゃんは何かSKEで指名されると色々と混乱しそうな名前だな、対応も元気でした。野村姉はじーな系で大人なフェロモンみたいなの感じたけど実年齢はビックリするのな、この子は凄く良かった、いい意味で年齢を重ねてる!

そして、この部の大本命、水野愛理ちゃん。既にセンター感を醸し出してて、後ろの方も興奮を隠せないって感もしましたが、実際に握手にいってみるとアレってかんじで拍子抜けでした。何だかんだ言ってまだ子供じゃん、あんま期待し過ぎるのも良くないってね、でも、こういう部分を見せた方がまだまだ未来を感じさせていいじゃない、楽しみな逸材だと思う!


【67レーン】 河野奈々帆・野村実代・村中有基

河野奈々帆ちゃんは高速剥がしの犠牲者です、握手入った瞬間に次に飛ばされたって印象にのこんねぇよ。そして野村妹、はるたん系で姉妹らしからぬ感じだけど、姉妹で指名されるとも限らない、どちらかだけしかったいう時もあるからなぁ、大丈夫だろうか?

ラストは村中有基ちゃんで、合宿から逃げて復活した子。見た目や雰囲気とかは一番好きなんだけどね、このポンコツ感がたまらんですけど、やっぱああいく行動は指名とかにどう影響するか、謎だね。もうすこし、ああいう感じだから取り返そうとガツガツしてくるかと思ったけど、おもった以上にポンコツでダメだったのか、オレが少しアツくなりすぎて事故ったのか、これもまた謎。


徐々に混雑を見せ始め、ループするのもやっとな状況。でも候補生たちも要領わかってきてるのか、レーンの待ち時間もレスをくれたりで楽しませてくれるようになったきた。面白い子も多いからね、特にLO3連星はそのままユニットで良いじゃない、指名漏れとかするなよって本気で思う。


← BACK 注目のドラフト候補生 vol.1

→ NEXT 注目のドラフト候補生 vol.2
posted by My Planet at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

注目のドラフト候補生 vol.1

第2回 AKB48グループ ドラフト会議


握手会で気になった子をピックアップ 第2部の巻

■ 井上瑠夏







実際に見てみると、この子が田中美久とタメと信じられない、大人な雰囲気を持っている。それ以上になにより良いのがHKT愛にあふれる所だ、博多ヲタとして推さない理由はないだろう?

何より握手の1ループ目で…

「覚えてください」


HKTの3rdシングルのカップリングに最初のクラス替えに漏れて研究生となった子たちの歌なんだよ、密着映像でもカラオケで歌っているシーンあるけどさ、これから指名されれば研究生としてデビューとなる。この曲を覚えていてくてたとは、レーンを出るときに目頭からアツい何かが零れ落ちましたよ…

この子が指名されれば、まだ昇格できない3期研究生と一緒にこの曲をうたう日がくるのか?

良いよ。覚えもする、推しもする!
頑張れ、超頑張れ!


■ 村川緋杏







3月15日に博多の劇場の辺りですれ違ったの、たぶん間違いなく本人やった。聞いてみたから間違いない、あんな髪形して、あんな姿勢の悪い歩き方する子が福岡市内にそう何人もいるはずないだろう…

そんなやりとりしてたから剥がしの付き方が半端無かったわ、危うく強制退去の可能性もアリ。何とか無事に生還は出来たよ。髪形がアレだからキャラたってるけど、普通に愛嬌の良い子だよね、うまくハマるととんでもなく化ける予感するんだが。チームHを逆指名してるけど、地元福岡でどうなるか。

← BACK 第2回ドラフト会議 候補生握手レポ vol.1

→ NEXT 第2回ドラフト会議 候補生握手レポ vol.2
posted by My Planet at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

第2回ドラフト会議 候補生握手レポ vol.1

■ 第2回 AKBG ドラフト会議

4月26日のパシフィコ横浜にて行われたGF個別での候補生握手会について。当日は無料で握手ができるという事もあって、レーンは想像以上に大盛況。一部レーンでは早期締切もあり、とにかくこんなに興奮した個別も久々でしたね。

こちらはコレ目的で行きましたが、部が遅くなるに津テレ人も増えれ、2部だと各レーン2ループは出来たものの、5部は1ループするのもやっとっていう有り様。一応、全候補生と握手はしてきましたが、ループ回数や剥がしのタイミング等により印象に差がでてしまっているのも致し方ないって事で!


■ 第2部 

【66レーン】安藤愛璃菜・波左間美晴・村川緋杏

まさにビビアンのためのレーンになってしまったと言っても過言ではない。安藤、波左間の両名は握手会が初めてなのか圧倒されちゃって凄く大人しかった、故に2ループしても印象に残らなかったなぁ。それに対してビビアンは見た目がアレだけど意外と愛嬌もあって印象も凄く良かったね。ただ、後述するが剥がしの対応は異常だった…

ハイ、全部オレが悪いんだけどね!


【65レーン】今村麻莉愛・渋谷ひかる・山邊歩夢

群馬県代表の今村麻莉愛ちゃん、噂のロリっこ目当てでレーンに来てたのはヲタだけでなく、なこみく引き連れた指原と、かなりHKT陣営からは注目されてたね。渋谷ひかるちゃんは情熱っていうものを強く感じたなぁ、ああいう直向さって言うのは何事においても大事だと思う。山邊歩夢ちゃんはSKEの卒業しちゃった推しに面影あったな…


【64レーン】井上瑠夏・染谷真鈴・向山藍来

本店劇場でお披露目あった時に、現場で見てた師匠のお勧め染谷真鈴ちゃん、加入前だから不問とは言えど彼氏バレはね。選ぶのはメンバーだからなぁ、もったいない、実にもったいないと思う。向山藍来ちゃんはかわいらしい感じ、いい意味で落ち着きを見せてて好印象だった。

そして、この部での1番星は井上瑠夏ちゃん、大人な雰囲気を持ちながらもまだ若さあふれるこの子は面白い。詳細はまた後になるが、この子のたった一言で、全オレが泣いた!


【63レーン】赤坂美咲・岩田陽菜・菅原茉椰

良対応ゾーン、赤坂美咲さんは栄なら、栄なら年齢的にも大丈夫だろうよ。岩田陽菜ちゃんは地理的にHKTに行くのかな、ループしてて面白い話すネタがあるとね、認知確定。菅原茉椰ちゃんは対応も良かったなぁ、逆に話が詰まっちゃって申し訳なかった位。



この部はまだまだ人も少なかったので2ループ可能でした。今村レーンとかはメンバーも見に来るので透けるのに苦労しましたね。あんなレーンに並んでたらお巡りさん、この人でしょ?

HKTに指名してもらいたい子が多かったなぁ、特に村川、井上の九州勢は前回の山本の件もあるし、指名濃厚だけど、何が何でも博多に指名してもらわなきゃ。頼むぜ穴井キャップ!


← BACK AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者決定

→ NEXT 注目のドラフト候補生 vol.1
posted by My Planet at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。