2015年08月27日

15.08.21 AKB48 佐藤妃星生誕祭

二本柱枠で当選。割と選別に時間が掛かっていた印象だけど、落ちる要素が全く無い感じもしたし、当選メールが来ても過去最高に冷静な感覚だったのが印象。何せ、本店は半年近くカスリもしてないし…

岩立沙穂・大森美優・岡田奈々・加藤玲奈・北澤早紀・込山榛香・佐々木優佳里・佐藤妃星・篠崎彩奈・西野未姫・峯岸みなみ・向井地美音・村山彩希・茂木忍・飯野雅・田北香世子



各種の準備を済ましてからKE-TAさん、エノさんでの三連番。最初、あの番台で買おうって言ってた所が2巡で吸い込まれていった時は絶望感にさいなまれたけど、その後直ぐに我々も吸い込まれたので、難なく立ち最を確保。最前も狙えたけどさ、今日という日はこれでしょ?


■ 

前座にて、第二回ドラフト会議にてteam4に一巡指名された千葉恵里ちゃんが、First loveを披露。この時はゼロポジに行って色々とブチ込みましたけどねぇ、ある意味、こので帰りますって冗談ばかり言っていたけど、そういうの一回くらいはやってみるのもアリなのかもしれないかもね!


■ ジレンマを抱えながらの全力コール

公演に関しては、teamAから、同じ15期の飯野雅、田北香代子の2名が出演、この2人の存在がもの凄く大きかったなって思う。teamAを抜きにしても、本店メンバーの中でも好きな2名だからね、恋愛禁止条例なんか公演そのものをやらないしさ、またあの劇場で見れるとも思っても居なかったからさ、こればかりは非常に嬉しかった。

公演の時は、モチベーション的に考えるとありえない位の全力コール。こんなに入れたのっていつ以来だなーって思うけどさ、ここでやらないでじゃあいつやるんだよ?
生誕祭なんてさ、いかにこの公演をやりきるかに掛かっている訳だからさ、とにかく心を鬼にしてやりきった!


■ 仲間の大切さを…

最後の挨拶に関してはね、みーおんの突っ込みがオレ等の気持ちを代弁していてくれると思う。本当にね、あれが無かったら、どーなってたのかも分からないよ。本当にいい同期の仲間にも恵まれているのにさ、雅も関係とか険しいとか、険しいとかね、そんな事も無いのにさ。
漠然とした思いを載せたまんま、最後のお見送りの挨拶にて、シッカリと締めてきました。たった一年、されど一年、この変化ってもの凄く大きいのね、お互い…



結論から言ってしまえば、世の中には価値観ってものは必然的に存在する。それが合うか合わないかの問題、時間が経てばそのギャップは埋める事のできないものになってしているのかもしれない。
ただ、オレに出来る事って、今の状況が非常に宜しく無いって事を気づいてもらうしか無いのね。自分の言葉として出した以上は、それは必達なのだからさ、正直な話AKB48の正規メンバーの訳じゃん。あれだけ良いパフォでも、研究生にすらなれずに涙を流した子、今年の春に何人も見てしまったから…

変われ、変わるしかないんだよ!

今、全力でやらないでどうする?

← BACK 15.02.01 チーム8 PARTYが始まるよ公演

→ NEXT
タグ:佐藤妃星
posted by My Planet at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇場公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427365005
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック