2015年07月27日

15.07.25 AKB48 39thシングル 個別握手会@東京

Green Flash Type-H【初回限定盤】(多売特典付き) - AKB48
Green Flash Type-H【初回限定盤】(多売特典付き) - AKB48

大切な推し事が沢山あるので未だかつてない時間に国際展示場に着、朝飯を食っていたら非常事態を告げるメールが届いたので即朝食を切り上げて出発、ほぼ同時に駅で奇跡の合流とかしてなかなか奇跡な感じな一日を感じさせてくれる。
則会場にはいると、交流スペースが金属探知機の後ろに設置されるという恐ろしい事態に。別の会場だと場外に設置だから無券組も結構来るのに、これだと有券者でも荷物持込みで引っかかるという恐ろしい事態に。とりあえず何だかんだで一時間くらいドタバタしちゃったかな、本来やらなくても良い事までしなきゃだし、いや本当に大変でした。


■ 2部 チームE 須田亜香里

Do前ジャパンで連番、初めての朝のだーすーです。劇場公演でもなかなか会っていないのでチームE栃木公演にいtったよって話から入る。それにしても、釣り師って言われるだけである、こう話した瞬間に強烈な笑顔、握手の手をギュッと握り手前に少しだけ引き寄せる。これ、マジでヤバい!

嘘も本当も、心臓がドキって動いたのが分かってしまった。これ本当に有り得ないでしょって思ってしまったけど、いや現実なんですよ。何で他のメンバーもこういった事をやらないんだろうね、不思議で仕方ないけどさ、朝一で対応良いメンバーにいくのは大事だよね、最初のテンションが全然違う!


■ 2部 チームKW 本村碧唯

M 「久しぶりやね〜」

碧 「久しぶり!」

二週間ぶりな気もするけれど、それをどう捉えるかはその人次第。いつもよりかは機嫌が良かったな、何があったのかはしらないけれど。思った以上には笑顔、でもそれだけじゃ満足できないんだよね。直前がだーすーってのを抜きにしても、少し物足りない部分はある!

ダンススキルはHKTでもTOPクラスだし、表現力もしっかりしてきて思わせぶりな世界を魅せてくれるようになった。それでも今一歩足りない、今年の総選挙がギリギリのラインになってしまったのは、握手をもう少し大切にしないと。目の前にファンがいるって意識してくれればねぇ…


■ 3部 チーム4 佐藤妃星

久々にグッとくるコーディネート、これを見れないのは残念としか言いようがないけどさ、どうにもならない事もある訳さ。朝から色々と準備してきた甲斐はある!

と言っても話すネタがとうの昔に尽きてしまったのが未だに痛い。公演は当たらん、コンサートは無い、現場主義から言えば握手会なんざ公演などの感想を言えればそれでいいんだけど、その現場がないからどうしてもね、普段の情報発信になってしまう訳さ。ぐぐたすの事を言ったけどさ、変な所に真面目なんだよなぁ、この子…


■ 3部 チームK4 田中優香

7月19日のシアターの女神夜公演の感想を。客席側って意外と見えていないもんだなっては思った。でも、やっぱりコールなりが彼女たちの励みになっている事がよく分かった。あの、くしゃっとした笑顔で「嬉しい」って言ってくれりゃ応援にも熱が入るもんよ。

当日券も使って再ループ、本当はブチ込みたいネタもあったんだけどね、ここで一気に攻めないのはお約束。やっぱり、ゆうたんとは大切な関係でいたいもんだよ。まだまだ頑張らないとって思わされたね、また博多の劇場に行きたい、そう思わせてくれる魅力がある!


■ 4部 チームK4 多田愛佳

博多に行ける日程を伝えたら…

ら 「えっ、もうスケジュール発表されたの?」

M  「いや、休みそこしか取れそうにないんだ」

ら 「そうなんだ…」

知ってたな…

うーん、知ったたら教えてくれても良さそうなんだけど、その辺りはベテランなんだろうね。とりあえず、この時の嫌な予感は後程みごと的中!


■ 4部 チームE 高寺沙菜

ゆうたんと全く同じような話を振ってみる…

思った以上に歯切れが悪い。そりゃ考え方は人それぞれだけどさ、何でこうなんだろうねって少しもやっとした。ちょい博多と栄だとスタイルの違いもあるのかもしれないけどさ、ちょっともやっとしちゃったじゃないか!

ちょっと、あおいたんに似ている部分あるんだよなって。
posted by My Planet at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 握手会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

15.07.19 HKT48 シアターの女神公演

一般枠にて当選、博多はマイベストパートナーの師匠と。割とスカッと遠方枠で決まってくれることを祈っていたけど、現実ってこんなもんだと思い知らされたよ。飛行機とか制約が結構出てしまって往復ともに成田からジェットスターだもんな、初LCCだったけれど色々と勉強になったと、思う、いや思いたい…

伊藤来笑・今田美奈・岩花詩乃・熊沢世莉奈・後藤泉・下野由貴・田中優香・冨吉明日香・深川舞子・村重杏奈・栗原紗英・坂本愛玲菜・筒井莉子・外薗葉月・山内祐奈・山下エミリー


唐人町に着いた瞬間に強烈な雷雨、待機が常道かと思いきや師匠が「行くぞ」との声で強行突破を図る事に。グッチョリしながら劇場には着いたけど、チケット買う順番時にはまあ程々に。何とか早い番号で買えたのは良かったけど、今回ばかりは一般枠だもの。そりゃビンゴという最大の難関も待ち受ける訳で…

わりと近場の番号からどんどん入場していく。前回のビンゴは9巡だったからそこまでなら何とかっておもっていたけれど、段々と焦りが生まれて行き、20巡台になると絶望感しかない。何とか潜り込めた時は24巡、気持ちばっかり焦って正直ってどうにもならなかった、立ち見キツイなぁって思うけどそこは博多の劇場、そんな巡でも最後列でもギリギリ着座完了できるもんよ!


■ 4年ぶりのシアターの女神

当時は飽きたとかって言っててごめんなさい、この演目はSKE48チームKUでもやったけど、本当に最高のセトリと言っても過言じゃない。もうさ、勇気のハンマーの時点で目が潤んでるんだもん、いいのかこれでって思うけどさ、一番好きなチームがやるってもんでしょうシアターの女神ってのはさ。もう前半3曲目の時点でブッ込み始めてしまってるんだが、こればかりはどうにもならない。ある意味、最後列ってのに救われている状態
菜のかもしれない!

■ 自己紹介MCは俺たちの戦場

比較的大人しい今日の客層を尻目に何時ものタイミングでお約束のあの一言!

でもなぁ、今日は何かいつも配信でみている時と様子が違うんだよね、明らかに声のトーンが違うんだけどさ。かるーくあしらう様ないつもと違って、笑顔がとっても素敵で、優しい香りは最後列までバッチリ届いたよ。やっぱりね、ここでステージと客席の見えない壁をブッ壊さないとね、ここから何かが変わっていったと思う。

自己紹介MCも順調に進んでいき、葉月のターンになっても隣が静かで不気味。あのタイミングでブッ込まれた時はヤバいどうしたんだった思いっきり焦ったけどさ、やっぱプロは違ったよ。裏ドラでの無念を晴らすが如く強烈な一声、推しからのレスよりも隣のえれたんの方がビックリでした!


■ ユニット曲は二度美味しい

1曲目は初恋よこんにちわ、当然ながらセンターゆうたん、この日のために新パターンを準備してきたけど博多の劇場は手強かった。最近連続して入ってるのが平日の手つな、タイミングはブルドンだったから余計に感じたと思う。お前らハケカスは推しじゃない子だろうがユニット曲の時くらいは全力コールせいや、思いっきり滑って二発目は自重。その辺、サケカスは優しいよなぁと、栄育ちは改めて感じる劇場公演…

3曲目はキャンディ再び登場ゆうたん、なんとゼロポジでしかも座席と目線の位置がものの見事な事に。もうね、視線の先を完全に独占しちゃう気分ってどんな感じやろうね。とにかく研究生率の高い公演でのユニット曲は美味しい、二度おいしいのはこれまた最高よ。もっとも、本店研ヲタの時は泣かされたけどねぇ…

夜風はなもんさん期待してたけど、りーぬ。ダンスメンだけど、しっとり歌い上げるこの辺りは中々の物。生唄っていいよねぇ、こういうのって好きなのよ。この曲でユニット曲を〆るからこそのシアターの女神なんだよな!


■ 後半戦のあの曲から

100mコンビニから始まるこの後半戦、この曲の途中でUターンLOVEって歌詞がある所をDMMのカメラが毎度ゆうたん抜くんだけど、この光景は劇場の座席からどう見えるのか、今まで気になっていたようやく見えた。この日は何をやってたのか近くはないからハッキリと見えなかったんだけど、実は投げキッスしてたりとか…

「 ゆ う た ん L O V E 」


以下随時加筆
posted by My Planet at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇場公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。