2015年06月21日

15.06.17 SKE48 手をつなぎながら公演

モバイル枠の同伴にて当選。5月8日の公演をわざわざ遠方枠の世界からロビー鑑賞しに来てくれたKE-TAさんとの初劇場公演。ここに至るまでにも5月26日のAKB48劇場チーム4公演の悲劇と色々とドラマもありましたが、ようやく一区切りだったかな。この公演は他に11月の高寺沙菜生誕で一緒だったゆっきーーさんも久しぶりの現場復帰で当選入場、なにかと奇跡ってあるもんだよね!

青木詩織・竹内彩姫・磯原杏華・井田玲音名・市野成美・梅本まどか・加藤るみ・鎌田菜月・木本花音・熊崎晴香・小石公美子・斉藤真木子・酒井萌衣・柴田阿弥・高寺沙菜・福士奈央



6月17日 出演メンバー変更のお知らせ


1度ある事は2度あるって事で、この変更は最高に痛かった。メンバーそのものもそうだけど、これによってポジションが多少の変更に。オレ的には悲報の中の悲報…


■ 運命のビンゴ抽選

今回も14時過ぎに名古屋着、この日の総選挙ミュージアムに佐藤妃星ちゃんが来場するって事でテンションだだ下がりの中、なんとか気力を振り絞りサンシャイン栄に。せっかくのモバ枠当選だから若い番号を狙っていく事にする。

ここ最近は遠方枠での当選ばっかだから、ビンゴへの参加って本当に久しぶり。何か緊張感が明らかに違うからあんまりいい気分じゃないんだよな。最初はカウントしていったけど、途中でもうダメだった思い辞めた瞬間にビンゴ呼ばれる。9巡入場、上手5列目を確保。座席自体は遠方枠の後ろだから後退した感じだけど、ここは若干座席が高くなっているので、目線的には本店立ち最前並みか、割と美味しいかもしれない!


■ 躍動感にあふれる前半4曲

ハリキリ過ぎました、ごめんなさい…

この日は1曲目からさーなんとアイコンタクトが連続、こんなにもバシバシと飛んできてしまったら、通常でもヤバい位に沸く前半曲も沸きすぎ沸騰注意。チームE栃木の現場に引き続いてこのザマですよ。

うーん、花音休演でポジに真木子が入ると思ったけど、何とさーなんが入ってしまったから、全体曲での湧き方も半端無かったな。本当、躍動しすぎだよ俺たち、いつもじゃブルドンでやるアレを、チャイムで既に掟破り噛ますんだもんあ、ハァ…さーなん!


■ 定番の自己紹介MC

いつものお約束、今回は少し微妙だったかな。ドセンターポジから移動しているせいもあるし、高まり過ぎてて余計な枕詞をナチュラルに挿入してしまったのが敗因か。今後のためにはいい勉強になったよ、実にシンプルに行かねば!

KE-TAさんもチーム4に引き続いて。おしりんこと青木詩織ちゃんにドッカーンと行って、ええレス貰ってましたよ。うーん、実に良い、こういうやり取りが理想に近い形なんだろうね。おしりんエエよ、マジこういう子った推せる!


■ 2つ隣から目からビーム

後半MCにて柴田阿弥ちゃんの推し団扇がどうって話になって、2つ隣のヲタに持つ団扇、なんとあやちゃんの目の部分に電球が入ってて光る仕様になっていたりと、中々面白いものを持っていらっしゃる。

終演後のお見送り会が始まる前に少し見せてもらったけど、割とシンプルな構成、それでもアイデアの勝利ってかんじだよな。目からビームと言われて結構立つけど、こういうのってわざわざメンバーがMCでイヂるって事はただ事じゃあないね。


■ 公演のこれこそ醍醐味

後半最後の曲、「大好き」にてKE-TAさんのゼロポジにおしりん、明らかに歌詞と振り付けがこちら側に送られ過ぎているんですが。途中から真木子パイセンも参戦で恐ろしい状況になったいた。何せ推しサイリウムに団扇、生誕Tシャツにマフラータオルと完全武装だもの!

そして、お見送り会でも、本来だと名前の順番に並ぶはずなのに、上手側におしりん。声かけたら気づいたどんちゃんがおしりんに教えてくれてこれもまた良かった。どんちゃんは本当にええ子や。

やっぱねぇ、公演に入って全力で応援しているんだからさ、こういう反応があると本当に嬉しいんだよね。

← BACK 15.05.08 SKE48 手をつなぎながら公演

→ NEXT 15.09.22 SKE48 PARTYが始まるよ 昼公演
posted by My Planet at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇場公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者指名結果 HKT48編

第2回ドラフト会議にて各チームが交渉権を獲得したメンバーについて論じて行こうじゃないのって事で、今回はHKT48で。

■ HKT48 チームH

1位 松岡はな 15歳 千葉



2位 村川緋杏 15歳 福岡



チームHは一巡目にてまさかの松岡はな、地元の子を通り越してまさかこの子を獲るとは予想外に。第1回の時も地元まおパ二で、2巡目でグループとしての指名って事でさややを狙ったチームHだから、ある意味この子は順調に成長すれば博多の選抜位は余裕って感じなのかな?

二巡目はビビアン、やはりここで指名しなきゃダメでしょ。それにしても指原は上手いね、指名終わった後にわざわざ当日になって決めたとか、あと3キロ減とかっていうかね。ドラフト会議の見どころなんか他にも沢山あったけど、このやり取りで支店下位指名がヤフートップになるもんだよ。痕跡はキッチリと残った、後はシッカリと本人が伸びるもとい、痩せる事を祈る!


■ HKT48 チームKW

1位 今村麻莉愛 11歳 群馬



各チームが触手を伸ばしてる感もあったけどスンナリと我らがKWが指名獲得。まぁ、博多の支配人と本店3期生をダブルで敵に回す覚悟が必要だよなぁ、こんなん面倒でどうしょうもねぇよ。

KWは最年少がゆうたんこと田中優香ちゃんで、ゆうたんのゆうたんだから顔だけ□リで、ボディは□リとは程遠い存在。□リ枠の岩花詩乃もギャル化っーか大草原になったから、なこみく擁するチームHと違ってKWは適材の完全確保でマジやってくれたと思う。

麻莉愛ちゃんは幼少期にキャプテンのらぶさんとツーショット写真を撮っているんだよね。あの時の小さな女の子がこうやって大きく?なってAKB48を目指して加入してくれるなんてな、何か嬉しい事じゃない。これもキャプテンのらぶさんが□リメンだったからこそ実現した事であったし。いつの日にかKWキャプテンにまで成長した麻莉愛ちゃんが、一緒に写メ獲った子を指名する日が来たりすることを…祈っていいのか?


HKTはもう少し人数を指名して3期研究生を含めて3チーム制にするんかなって思ったけど、意外とこじんまりした指名だった。HGKT単独志望でもったいないなって思った子、結構いたんだけど何かしら思惑もあるんだろうな。まぁ人数的に目の行き届く限界線なんだろうけど、ちょっと残念な感じした。

ともあれ、今村麻莉愛ちゃんが群馬から福岡へ行くとはな。ちょい離れすぎちゃったから群馬県の観光大使とかはなれなさそうで残念だけど、一番行ってほしいチームにはいれて良かったよ。

← BACK AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者指名結果 NMB48編

→ NEXT AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者指名結果 NGT48編
posted by My Planet at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | HKT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者指名結果 NMB48編

第2回ドラフト会議にて各チームが交渉権を獲得したメンバーについて論じて行こうじゃないのって事で、今回はNMB48で。

■ NMB48 チームN

1位 本郷柚巴 12歳 大阪



2位 西仲七海 11歳 大阪



チームNは一巡指名の樋渡を抽選で逃して外れ一一位にて本郷柚巴ちゃんを指名。当日の御披露目カモネギックスでも中々光るものもあったし、何て言ったって26日の□リ3連単のセンター、王道って感じの子が難波には居ないタイプでいいね。

二巡指名も競合になったけど、今回は見事に西仲七海ちゃんの交渉権をゲット。元気な子な印象もあるので難波向きかな。チームNも卒業もあったからメンバーの平均年齢が高くなってしまったからね、こういう新しい血を入れるって言う指名は実に歓迎しますよ。難波のひなもえ、えごなる、なこみくって感じでもいいからさじっくり育てて行って欲しい子たちです。


■ NMB48 チームM

1位 17歳 神奈川



2位 堀詩音 18歳 北海道



チームMは逆に地域外の年長候補生を一本釣り。どういう方針なのかはイマイチわからねいけど、とりあえず即戦力系を入れたって事は何かしらの意図があるんだよな。

柴田優衣ちゃんは握手の時はとにかくレベル高いわって印象しか残ってない。当日は飲まず食わずの最終ループなもんでね、特にもう1ループできるかという瀬戸際で焦ってたもある。それでも、この子は来るなぁって直感はあった。

二巡指名の堀詩音ちゃんも、千葉恵里ちゃんと同じレーンだったのがこれまた同じような理由で。剥がしも高速だったしね、元気な子だなぁ…って思った瞬間には遥か彼方という。あえて年の近い子で組ませたって感じかな。NとMのチームカラーの違いが分かって面白い指名だったね。


■ NMB48 チームBU

1位 村中有基 18歳 奈良



2位 安田桃寧 13歳 大阪




3位 安藤愛璃菜 11歳 愛知



流石、俺達のBU

NMBはほぼ興味無いながら、唯一見に行きたいチームBUがやってくれたよ。樋渡指名外れに続いて、野村姉まで残して最後最後まで残って指名したのが村中先生だった時の絶望感。いや、この子は5巡指名で第2の惣田になると勝ってに思い込んでたからさ、もう完全に出鼻を挫かれた感。マジ脱走の件とか知ってて選んでるんでしょ?

二巡目は□リ3連単の安田桃寧ちゃん、他の2人がすんなり一巡指名されちゃったから何とか引っかかってくれて一安心。同じチームで3人のユニット見たかったけどね、上村ちゃんが栄単独だったから厳しい感じだったけど、おなじグループならいつかは可能性もあるはず。オレは信じている、いつかあの3人で…

三巡目はシュウナカさん推しの安藤愛璃菜ちゃん、この子は何とかって思ってて、N・Mと選択終了のため息が続く中、ようやくやってきた希望の光。おめでとうの叫びは一推し並みの大きさだったな。握手とかも少しずつで良い、ゆっくり成長して行ってもらいたい。あんまり焦る事も無く、ゆっくりと!


NMBは果敢に挑戦したから抽選で泣く結果におわる事も多かったけれど、いざ蓋を開けてみればNMは綺麗な感じで指名できてたと思う。勝負に出たのがBU、なんていってもあの村中先生ですよ、どう考えたって地雷にしか思えないんですけど、この子を育てきれば非常に面白いことになると思う。それだけの力はB2にあるとおおもうんだけどね。今は信じるのみ!

← BACK AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者指名結果 SKE48編

→ NEXT AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者指名結果 HKT48編
posted by My Planet at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | NMB48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

AKB48 41stシングル 選抜総選挙

■ AKB48 41stシングル 選抜総選挙

自宅にTVは無いので、通勤途上にある弟宅にて視聴開始。ちょうどフジでの放送が始まった感じの時間に着けたかな。まぁ、こういうお祭りごとはワイワイ酒でも煽りながらやるのが一番、在宅最強って事で!

中継をみつつの感想を交えながら、感じた事を中心に!


■ 波乱の幕開けUPカミングガール

冒頭80位でいきなりあおいたん、正直このまま圏外かと思ってたけど健闘したって言った方がいいのか、割と複雑な気分に。ポテンシャルの高さは一級品だけどね、握手対応とかも総合的に考えると厳しい部分あるよな。
植木くんがランクインしたのが一番盛り上がったかぁ、こういうマルチにこなせる職人が絶妙なポジションに付けるってのがポイント。これがもう少し上位に入ってしまったらダメって所がっまた難しい。


■ 戦略なのかフューチャーガール

加藤るみ、後藤理沙子が初ランクイン。昨年が辞退で卒業かって思ってたけど、辞めずに出てきてキッチリと結果残したね。これって力を溜めたって事になるのかな、ヲタ的にも翌年に予算を積みこせばってあるから、ランクインがボーダーならば、こういうやり方もアリなんじゃないかって思う。
惣田ちゃんがドラフト1期生で唯一のランクイン、活動期間がこれだけの短さで結果をだせるのって中々のもの。まぁ、年齢的な事を考えると結構なものがあるんだけどね、高柳KUは本当に良い子を指名したよ。


■ 勢いを見せたのかネクストガールズ

HKTメンの怒濤のランクインを見ると、いつかのSKEの大量ランクインを思い出す。とにかくこの辺りでガンガン名前を呼ばれるといいよね。自分が投票した2人もここで呼ばれたので死票は回避。とにかく博多と花音が呼ばれる所には盛り上がったなぁ。
あおいたんが80位だったので、キャップはこのままって思ったけど、見事にセンターの座を確保。しっかり結果を残したしね、何かこれもすごく嬉しかった。推しの名前がよばれる以上なのかもしれない。こういう気持ちにさせてくれるんが、穴井千尋の魅力なんだよね!


■ 涙無しで語れないアンダーガールズ

ワイワイやっていたのと一転して、ここからはあと一歩で選抜入りを逃してしまうから、ぎゃくに驚きと悲鳴の連続だった。まだ30位代は良いよ、舞ちゃんとかオメデトウ、弾切れしてた選対よー頑張ったとかだけど、10位代は本当にネ。票差も票差だけにもうさぁ、何て言ったらいいのかわかんなくなってきた。

はるっぴが一番悔しいよな、票差も票差だし、その上がアレでしょう。本当にファンが投票したのかって疑問の数字じゃない、そんなのに負けたとかってさ悔しさも何倍にもなるもんだよ。でもな、ここをバネにして欲しい。何とか喰いついてきたきたじゃない、これからだ、これからのはるっぴは勝負の時よ!


■ 首を傾げる選抜クラス

う〜ん、これでいいの?

コメントするのもアレだから、あやちゃんが入った瞬間が一番うれしかった、かな?

後は、島崎9位で家の中が一致団結したんが笑ったわ。まぁスピーチはスピーチだからなぁ、そんな綺麗ごとよりも公演やコンサート、一回一回を全力でやれよって。下手なりにも一生懸命やってるのと、ただ適当にダラダラやってるんじゃ全然違うぞ!

ここ最近、全国ツアーで遠征して現地のファンと交流を持つと本当に思う。オレらだって都内にいながらも公演やコンサートにいける回数って限らるもの。地方の人はもっとだよ、握手だって何時間も時間と金をかけてくる訳よ。ファミリー席な人だと何年かに1回、コンサートを来てくれるの心から楽しみにしてるんだから。そういうファンを大切にしない限り、神7への復帰は無理だぜ。48Gの顔でありたいなら、その当たりの事を自覚しろよ。


■ 順当すぎる神7

票数からも考えると順当なけっかかと。咲良がようここまで上り詰めたかな、やっぱここまで来るには厚いコア層に加えてライト層もしっかりと取り込まないお厳しい、それでもよーやってくれたよこの子は。

1位は指原予想してたけど、やっぱりこうなったね。HKTそのものを引っ張ってきたし、その辺りもシッカリと評価されたんじゃないかな。



■ HKTが最強すぎる件

今回の中継を見ていて一番感じたのはさ、HKTメンバーの名前が呼ばれるとさ、他のHKTメンバーが立ちあがって自分の事の様に喜んでるんすよ。そういう風にやれって指示があったのかもしれないけどさぁ、見ている側からすりゃこういう方が良いに決まってるじゃない。このイベントだから個人戦てな所もあるけどさ、終わってしまえばチームやグループで活動する訳なんだからさ。仲良しって感じの方が箱で推そうって気になるんじゃない?

逆に柄なチームな所とtか、メンバーの名前が呼ばれた時にすげぇ睨んでた子とか目立っちゃったよな。すげぇ怖いし、感情を素直に表現するってのも大切だけどさ、あの睨みをみて行きたいかって考えちゃうよ。やっぱさ、常にカメラに映ってるって意識はしてもらいたい。
posted by My Planet at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | AKB48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。