2015年11月25日

15.11.23 SKE48 PARTYが始まるよ 昼公演

パセリと連番 :(´◦ω◦`):

いつも隣にいた彼は、俺の知らない間に町音葉生誕とかに入ってたらしいので、見事に干された模様。そして、何故かこういう結果になってしまったけど、まさかありとあらゆるものをオレが出すことになるとは思わなかったよ、まさにMy-Planet会になってしまった訳で…

まぁ、お祝いだ、そのためのパーティーなんだと自分に言い聞かせて、いざパーティー!

本当はいつものチケット番号で9巡入場をねらってたんだけどさ、パセリが来るの遅れて結果的に三桁番代での購入。ビンゴ抽選はまわりからどんどん呼ばれていって、1桁番代が9巡で呼ばれた瞬間に、伊勢湾に浮かぶ野菜を思い浮かべてしまった。
3回連続の9巡入場は阻止されたよ、同じ席に連続で座れなかったし、結果的には11巡入場、上手側のまぁ、その辺りにすわる!

相川暖花・浅井裕華・太田彩夏・小畑優奈・上村亜柚香・川崎成美・後藤楽々・白井琴望・末永桜花・菅原茉椰・杉山愛佳・畑結希・野島樺乃・町音葉・水野愛理・村井純奈



開演と同時に亜柚香に見つかってしまった感、これはこの前の博多のシアターの女神公演と同じ感覚。明らかに視線がこちらに向かってくる、これはちょっと高まってきた!
今回は約束通りの新しいアレを準備してきたけどさ、この距離だとちょっと見えるかどうか、微妙な所なんだよね。ここまで後方なら、もう少し新しい武器を増やす必要があるのではないのかと…

今日のメンバーで後藤楽々を初めてみたけど、コンデションが相当に悪い。休演やむを得なしともかんじられたけど、それでもここまでの力強さを魅せてくれるとは、彼女の事は認めざるを得ないな。

■ UDXで伝説をのこした男と…

隣のパセリは野島樺乃ちゃん推し、やはり某所でぉっょぃ自慢するだけあって、コイツ口だけじゃねぇーなと、かなり頑張ってる。ただ、スタイル的なものが決定的に違うんだなって思ったよ、やはり博多からの流れなんだなぁ、それも博多でも博多で博多です、ハイ。

いつもの所で、いつものお約束、パセリ頑張ったよパセリ。でも悲しいかな、透けるに透けてて、悲しい位に透け透けでした。かのちゃんの視線の先にいる女ヲタが余りにもぉっょぃ、あれは勝てない、流石に相手がわる過ぎた…

因みに毒リンゴの所で頭を抱えて蹲っていたのは言わずもがな。もう3か月以上は経過したというのに、これは永遠にトラウマになってしまっているんだろうな。もちろんユニット曲が始まったら止めを刺したけど…

赤りんご?

■ 声、通ってますか?

楽しい時間というのはあっという間、青空も終わってしまって、さてアンコールというタイミングになってパセリが「アンコールを発動したい」と言い出す。まぁタイミングとかあるので、少し待たせたら早期発動されてええーって感じ、潰されるタイミングだろうよって感じたが今日の客層だと寸なり通ってしまう…

まぁ、なら、やってやるか?とサポートに回ってみたら、終演後にオンデマ最前の某生誕委員長から「今日、アンコール発動した?」との連絡。うん、やってませんよ、ただ被せただけ。その声はもしや…って言われてもねえ、アタシはアンコール発動とかあんましないんで!


お見送り会で亜柚香には10月25日の個別で約束していた事を果たす事はできた。そして、愛理と音葉に29日のユニット祭りに関してのメッセージを伝達。愛理は喜んでくれたけど、音葉の喜び方は尋常じゃなかった!
劇場の扉を出てから振り返っても、音葉がこっちを向いてを振ってくれる。前を歩いてたパセリもそれを見て絶句しながら…

「○○○さんって何であんなにぉっょぃんですか:(´◦ω◦`):」

うん、オレが聞きたいw

← BACK 15.09.22 SKE48 PARTYが始まるよ 昼公演

→ NEXT
posted by My Planet at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇場公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

15.09.22 SKE48 PARTYが始まるよ 昼公演

SKEmobile枠での当選、今までは遠方枠なり同伴のmobile枠ですんなり当選していたから、今回ばかりはオレのプラチナ枠がようやく仕事らしい仕事をしてくれた訳だ!
同伴は安定のKE-TAさん、もう栄の現場は6月の手つな以来、松井玲奈のトヨスタと、ずっーと彼と一緒になってるな。

豊橋から、名鉄にて名古屋入り。早めに着きすぎたので、濱ちゃんの人こと、パセリ氏を0.36kの召還魔法にて現地までお呼び出し。何だかんだで義理固い子なんだよなぁ、これ皆に愛されるミーアキャットだー

相川暖花・浅井裕華・一色嶺奈・太田彩夏・小畑優奈・上村亜柚香・川崎成美・白井琴望・杉山愛佳・畑結希・辻のぞみ・野島樺乃・町音葉・水野愛理・村井純奈・和田愛菜


ようやくの7D2公演、今までオレのスケジュールが絶望的に合わなかったから待望の公演。もちろん記念すべき番号は狙っていくべきだし、確実にゲットした。後はビンゴに運を委ねるばかりなのだが、ここ最近は5位入賞とか干されぎみだから、かなりドキドキした。優勝をも覚悟していたんだが…

奇跡って叶うから奇跡なんだよ!

なんと9巡入場、前の手つなと全く同じ巡で、しかも全く同じ座席まで確保。その前の2回も同じ遠方でゼロポジ確保できていたから、やっぱ栄には何かしら奇跡があるもんなんだな。


■ 全ての始まりはpartyから

幕が開いた瞬間から始まるparty、隣の席は強烈なアイテムを用意していたせいか、視線が明らかに集まってきているのは明白。もちろん、そんなのお構いなしで全力コールで行くのがオレの流儀。DMTから赤リンゴならぬ毒リンゴまでの3曲、たったこの3曲でここまでやられるとは思わなかった…
もうレスはバンバン飛んでくるからマジで怖い、初っ端から杉山愛佳からのピースが来てしまって…本当は君の隣の子なんだよ、申し訳ない気持ちで一杯になるし、町音葉はかなりグイグイくる。なによりも太田彩夏の視線が心揺らぐ位に来ていた、が、そんなものを全部ブッ壊されちゃうんだよ、公演っていうものはこういうものなんだー!


自己紹介MCはこの日はあり得ない位にブッコミが多い、とにかくコレまずいんじゃねぇーのって思った。まず、フロントラインの時点で水野愛理に隣がブッ込むけど、まぁ被りに被されるわでも明らかに勝ち取ってたから安堵。
ようやくセカンドライン、もう相川暖花のあたりで心臓バクバク、生きた心地ってあんまりしない。被されたらの対策もシッカリと考えて、いつものタイミングで一発!

亜柚香が一番可愛いよーー!


ジャストタイミング、視線もバッチリ独占。ここで綺麗にキマルって事は相性バツグンって事で良いじゃないか、これだけで写メ会全日程追加確定!
自己紹介、こんなんだから割と話は頭に残ってないけど、なるちんこと、川崎成美ちゃんがかなり回していたのだけが凄く印象に残ってる。この子モバメ取ってるけど、かなり頭の回転いいしね、何かメアリーダーを思い出したよ。この子がサードラインにいる安心感って凄いよな。


ユニット曲はスカートひらりから、なんですが…これスカートぶわりじゃねぇーかってのが水野愛理。もうね、スカートとパンチュの隙間の肌さえ見える、翻し過ぎやろ。かのちゃん、ゆななが王道的にもの凄く良いパフォーマンスしてたのに、全部持って行ってしまった気がする!
愛理はドラフトの時は騒がれていたけど、握手とか接触イベントで見るとそこまでじゃなかったなーって思ったけど、公演を見たらやっぱトップだわ。こればかりは公演見なきゃアカンね、やっぱり公演みてナンボよ!

続いてクラスメイトは、ほののとゆうかたんの歌い出し、しのゆか超えちゃったよ…圧倒的すぎるじゃないですか、やっぱ小学生は最高だぜ!
そしてオレの亜柚香が来るわけだが、あのスイマセン本当に君は特別なオンリーワンです。もうね、わざわざこのタイミングでこちらを向いてくれるとかさ、推されすぎにもほどがあるでしょう。いいのかこんなんで、いいんじゃない?

その後はゆったりとコールも無い落ち着いた曲で小休止、ユニット曲の最後の星の温度で例の星の団扇を取り出す事に。この曲には、これを振るしか無いんだよ、半年前の星の温度を思い出しながら…


■ 圧倒的・上村亜柚香

後半曲は桜の花びら、もうMCの時から亜柚香がksgk全開で、あのドラフト会議の時の亜柚香どこー?
でも、これはこれで好きだから許す。圧倒的に許せるが、惜しいのは菅原が居なかった事。菅原がいればD2フルメンだったし、この子が一番良い化け方したから見たかったが残念無念、っー事は菅原見るまで○ねないじゃん…

曲が始まり、ほぼゼロポジに亜柚香がいる。ずーっと見つめ合いながらフリコピできる幸せってさ、この上ないものだね。何かもう、隣から何か強烈なものを感じるんだが、それは前の手つなの時にオレが出してたものだから、何も言えない…


早いアンコールが終わったら、SKE48から全体曲でのスカートぶわり…やなかったな、スカートひらり。スカひらでもやってくれましたよ、世界で一番好きなのーって、俺も亜柚香が大好きだーーーー!
そして、シングル曲の前のめらには鳥肌たたされましたね。まだデビューして間もない子たちなのにさ、この曲のこの完成度には驚かされた。やっぱり栄の育成ノウハウってのはスゴい、コレで早期卒業がなければ最高なんだが…

楽しい時間はあーっと言う間に、最後はお見送り会で。この日のために用意してきた、特別な世界で一つだけのオンリーワンを亜柚香のために!
めっちゃ喜んでもらえたから良かった、これでまた中野へ行く理由ができちゃったなぁ、まぁ推しサイは2本だから、あってしかるべきなんだけどね。


■ 大満足な公演を終えて

公演終わって倒れ込む隣のヲタク、まさかここまでとは思わなかったな。7月19日のシアターの女神並みか、それに近いものは俺にはあったけど、KE-TAくんもチーム8会いたかった初日に負けない位の熱量じゃなかったかな?

本当に、公演っていうものはこういうものだって思わされたよ。メンバーが本当にグイグイくる、ペンライトの色を変えてやろうじゃねぇーかって気迫、ものすごいものがあった。もちろん、俺だってそう簡単に変わるもんじゃねぇから全力全開の亜柚香コールだったし、それに応えてくれたのが上村亜柚香なんだから!

推せる、もう7D2が心から推せる!

本当に、初心に返ったって思いだな。初めて劇場公演に入ったワクワク感、強烈なレスもらって止まらないドキドキ感、全てを出し切った満足感。本当に、この公演に入れて良かったよ、ここ最近忘れていたもの、思い出せたのかもしれない。



終演後は1FのTully'sにて余韻にひたる。あれだけ公演でエネルギー使い果たしたKE-TAくんも、メンバーがカフェに来たとなるとピンチケ認知厨な勢いで飛んでいくしさ。
永野の人こと、桝源さんと落ち合って、パセリ君や隣の席のヲタの方も交えての談笑。これぞ栄的なホーム感!

公演前から、公演後まで実に満足感に溢れた公演でした。それも何も、彼女たちのフレッシュながら、実に素晴らしいパフォーマンスもさる事ながら、集うヲタクの熱さもあった訳さ。まだまだだ、partyは終わらんよ!

← BACK 15.06.17 SKE48 手をつなぎながら公演

→ NEXT 15.11.23 SKE48 PARTYが始まるよ公演
posted by My Planet at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇場公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

15.08.26 HKT48 パジャマドライブ公演

HKTモバイル枠にて師匠の同伴当選。スケジュール的な問題で、翌日の博多座をねらっていたために、ここしか投げる事はできなかった。せめて最終ベルなら良かったけど、安定のパジャドラで、しかもお互いの一推し不在という究極の悪条件。もう、公演そのものが高まるのか否か、かなり試金石な状況だとは… 

井上由莉耶・宇井真白・上野遥・梅本泉・駒田京伽・田中菜津美・田中美久・山田麻莉奈・山本茉央・若田部遥・岡田栞奈・下野由貴・深川舞子・渕上舞・栗原紗英・山内祐奈


今回もモバイル枠なので、ビンゴ抽選。前回のシアターの女神が21巡だったので、せめて近い席ならばと思ったけど、現実は5位入賞。それでも、ビンゴ抽選の途中にしれっと後半2枚を剥がした瞬間は見逃さなかった。
座席に関しては下手の最後列、まぁでもウチら向きの座席っていうのには変わらないっちゃ変わらないんだけどねぇ、何かこの辺りが指定席と化してきているのは気のせいかしら?

現場としては、東京ドームでのグループ大運動会に続いての現場。もちろん選抜クラスは博多座なので、いかにも裏というメンバー、狙い目は田中(中)の一択、年初のサイン会での優しさってのは忘れてはいけない、大切な思い出。
とは言えど、沸けていたかって言うのは正直な所、疑問。前半4曲からの、いつものお約束も正直に言ってやっつけ仕事感が半端なかった。基本的にタイミングも合わないしねぇ、こればかりは自分のリサーチも含めた実力不足だわ… 

ユニット曲は、しっぽピンクがみくりんで最高に可愛いかった位だね、もう高まったのはその瞬間がピークだったのかもしれない…
後半曲になると、Tow year late にてほぼ一曲の見つめ合いという美味しい展開だったけど、この曲ってさ…

■ 劇場公演と言えど

アンコール明けからも何とか頑張ったけど、メンバーも運動会での疲れっていうものをかなり感じた公演だったと思う。かなりの疲労困憊、こんなパフォーマンス立ったっけって思うし、MCも相当にチグハグしていた…

こちらも、何か不完全燃焼な感で公演終了。正直な話、パジャドラは飽きてきてるしさ、もうシアターの女神一択でいいかなーって思ったのが正直な感想。オレ自身にやりきったなーって感覚もない公演でした。まだ、翌日にクソ席とは言えど博多座が控えてるのが唯一の救いかなー

ちょい考え物な公演でした。

← BACK 15.07.19 HKT48 シアターの女神公演

→ NEXT 15.10.04 HKT48 パジャマドライブ 夜公演
posted by My Planet at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇場公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15.08.21 AKB48 佐藤妃星生誕祭

二本柱枠で当選。割と選別に時間が掛かっていた印象だけど、落ちる要素が全く無い感じもしたし、当選メールが来ても過去最高に冷静な感覚だったのが印象。何せ、本店は半年近くカスリもしてないし…

岩立沙穂・大森美優・岡田奈々・加藤玲奈・北澤早紀・込山榛香・佐々木優佳里・佐藤妃星・篠崎彩奈・西野未姫・峯岸みなみ・向井地美音・村山彩希・茂木忍・飯野雅・田北香世子



各種の準備を済ましてからKE-TAさん、エノさんでの三連番。最初、あの番台で買おうって言ってた所が2巡で吸い込まれていった時は絶望感にさいなまれたけど、その後直ぐに我々も吸い込まれたので、難なく立ち最を確保。最前も狙えたけどさ、今日という日はこれでしょ?


■ 

前座にて、第二回ドラフト会議にてteam4に一巡指名された千葉恵里ちゃんが、First loveを披露。この時はゼロポジに行って色々とブチ込みましたけどねぇ、ある意味、こので帰りますって冗談ばかり言っていたけど、そういうの一回くらいはやってみるのもアリなのかもしれないかもね!


■ ジレンマを抱えながらの全力コール

公演に関しては、teamAから、同じ15期の飯野雅、田北香代子の2名が出演、この2人の存在がもの凄く大きかったなって思う。teamAを抜きにしても、本店メンバーの中でも好きな2名だからね、恋愛禁止条例なんか公演そのものをやらないしさ、またあの劇場で見れるとも思っても居なかったからさ、こればかりは非常に嬉しかった。

公演の時は、モチベーション的に考えるとありえない位の全力コール。こんなに入れたのっていつ以来だなーって思うけどさ、ここでやらないでじゃあいつやるんだよ?
生誕祭なんてさ、いかにこの公演をやりきるかに掛かっている訳だからさ、とにかく心を鬼にしてやりきった!


■ 仲間の大切さを…

最後の挨拶に関してはね、みーおんの突っ込みがオレ等の気持ちを代弁していてくれると思う。本当にね、あれが無かったら、どーなってたのかも分からないよ。本当にいい同期の仲間にも恵まれているのにさ、雅も関係とか険しいとか、険しいとかね、そんな事も無いのにさ。
漠然とした思いを載せたまんま、最後のお見送りの挨拶にて、シッカリと締めてきました。たった一年、されど一年、この変化ってもの凄く大きいのね、お互い…



結論から言ってしまえば、世の中には価値観ってものは必然的に存在する。それが合うか合わないかの問題、時間が経てばそのギャップは埋める事のできないものになってしているのかもしれない。
ただ、オレに出来る事って、今の状況が非常に宜しく無いって事を気づいてもらうしか無いのね。自分の言葉として出した以上は、それは必達なのだからさ、正直な話AKB48の正規メンバーの訳じゃん。あれだけ良いパフォでも、研究生にすらなれずに涙を流した子、今年の春に何人も見てしまったから…

変われ、変わるしかないんだよ!

今、全力でやらないでどうする?

← BACK 15.02.01 チーム8 PARTYが始まるよ公演

→ NEXT
ラベル:佐藤妃星
posted by My Planet at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇場公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

15.08.18 HKT48 腐ったら、負け 発売記念握手会

[REPORT] 「HKT48成長記 腐ったら、負け」発売記念握手会レポート

紀伊国屋のサイトから申し込み、当選番号は二桁前半で圧倒的に推されてるんじゃんって勘違いしたのが運の尽き。集合時間が1745で定時退社のピンチケダッシュでギリギリの所になんとかなるレベル。そういう日に限って欠員とかって笑うしかない…

握手会は紀伊国屋書店の8Fイベントスペースにて、感覚的には全国握手会に近い流れのような感じ。あんまり話し込めるような感じではない、一言二言を喋ったらそく幅されるような流れなので、ほんの少し前に個別でまとめまくった人間からすればビックリもの。それにループも出来たりしないからね。

メンバーは、らぶたん、はるっぴ、キャップの順。センターを中心に両チームのキャプテンと通好みなメンツで中々のもの。服装は衣装、せーのでホイってイメージしてもらえれば一番わかりやすいかな!


とりあえず意気揚々とブースに向かうと…

ら 「今日はメガネなんだぁ?」

M  「コンタクト入らなかったからねぇ〜」

現場に行くときはコンタクトだけど、基本メガネの人。だから仕事帰りにアキバ行ってもメガネやとよー会うヲタにも「誰?」って言われる事が多数なオレに、この言葉はグサッと突き刺さったぜ!

やっぱり、らぶさんは別格や、もうね全てにおいてカテゴリーが違う分類になっている、これだけは確信した。随分と疲れが顔に見えていたけれど、思えば博多座の合間にわざわざ飛んできている訳じゃん、こればかりは本当に頭下がる思いです。


はるっぴ、初握手。

この『腐ったら、負け』のセンターって言っても過言じゃないはるっぴ、何か皆めろめろにされるって言うけど、その気持ちも分からないでもない。この本でイメージかなり変わったなぁ、そう考えると昔の映像とかも引っ張り出して来ようって気持ちにもなる。


キャップ、久しぶり!

久しぶりって思わずいってしまいましたけど、間に一人挟んでいるから多分バレてない。冷や汗でまkったけど、ほんのり癒してくれる優しさ、これって結構いいよね!


あっという間に終わってしまった…

本当に一瞬だけだけど、色々と楽しい感じで終える事も出来た。その後、とんこくラーメンな方と合流して、軽くいいだ会。この方と出会ったのは栄の遠方席なのに、なぜか博多の現場できか会ってない不思議。平日の夜に軽く握手して、その後に一杯だけ引っ掛けるスタイル、なかなかのものかもしれない!
posted by My Planet at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 握手会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

15.07.25 AKB48 39thシングル 個別握手会@東京

Green Flash Type-H【初回限定盤】(多売特典付き) - AKB48
Green Flash Type-H【初回限定盤】(多売特典付き) - AKB48

大切な推し事が沢山あるので未だかつてない時間に国際展示場に着、朝飯を食っていたら非常事態を告げるメールが届いたので即朝食を切り上げて出発、ほぼ同時に駅で奇跡の合流とかしてなかなか奇跡な感じな一日を感じさせてくれる。
則会場にはいると、交流スペースが金属探知機の後ろに設置されるという恐ろしい事態に。別の会場だと場外に設置だから無券組も結構来るのに、これだと有券者でも荷物持込みで引っかかるという恐ろしい事態に。とりあえず何だかんだで一時間くらいドタバタしちゃったかな、本来やらなくても良い事までしなきゃだし、いや本当に大変でした。


■ 2部 チームE 須田亜香里

Do前ジャパンで連番、初めての朝のだーすーです。劇場公演でもなかなか会っていないのでチームE栃木公演にいtったよって話から入る。それにしても、釣り師って言われるだけである、こう話した瞬間に強烈な笑顔、握手の手をギュッと握り手前に少しだけ引き寄せる。これ、マジでヤバい!

嘘も本当も、心臓がドキって動いたのが分かってしまった。これ本当に有り得ないでしょって思ってしまったけど、いや現実なんですよ。何で他のメンバーもこういった事をやらないんだろうね、不思議で仕方ないけどさ、朝一で対応良いメンバーにいくのは大事だよね、最初のテンションが全然違う!


■ 2部 チームKW 本村碧唯

M 「久しぶりやね〜」

碧 「久しぶり!」

二週間ぶりな気もするけれど、それをどう捉えるかはその人次第。いつもよりかは機嫌が良かったな、何があったのかはしらないけれど。思った以上には笑顔、でもそれだけじゃ満足できないんだよね。直前がだーすーってのを抜きにしても、少し物足りない部分はある!

ダンススキルはHKTでもTOPクラスだし、表現力もしっかりしてきて思わせぶりな世界を魅せてくれるようになった。それでも今一歩足りない、今年の総選挙がギリギリのラインになってしまったのは、握手をもう少し大切にしないと。目の前にファンがいるって意識してくれればねぇ…


■ 3部 チーム4 佐藤妃星

久々にグッとくるコーディネート、これを見れないのは残念としか言いようがないけどさ、どうにもならない事もある訳さ。朝から色々と準備してきた甲斐はある!

と言っても話すネタがとうの昔に尽きてしまったのが未だに痛い。公演は当たらん、コンサートは無い、現場主義から言えば握手会なんざ公演などの感想を言えればそれでいいんだけど、その現場がないからどうしてもね、普段の情報発信になってしまう訳さ。ぐぐたすの事を言ったけどさ、変な所に真面目なんだよなぁ、この子…


■ 3部 チームK4 田中優香

7月19日のシアターの女神夜公演の感想を。客席側って意外と見えていないもんだなっては思った。でも、やっぱりコールなりが彼女たちの励みになっている事がよく分かった。あの、くしゃっとした笑顔で「嬉しい」って言ってくれりゃ応援にも熱が入るもんよ。

当日券も使って再ループ、本当はブチ込みたいネタもあったんだけどね、ここで一気に攻めないのはお約束。やっぱり、ゆうたんとは大切な関係でいたいもんだよ。まだまだ頑張らないとって思わされたね、また博多の劇場に行きたい、そう思わせてくれる魅力がある!


■ 4部 チームK4 多田愛佳

博多に行ける日程を伝えたら…

ら 「えっ、もうスケジュール発表されたの?」

M  「いや、休みそこしか取れそうにないんだ」

ら 「そうなんだ…」

知ってたな…

うーん、知ったたら教えてくれても良さそうなんだけど、その辺りはベテランなんだろうね。とりあえず、この時の嫌な予感は後程みごと的中!


■ 4部 チームE 高寺沙菜

ゆうたんと全く同じような話を振ってみる…

思った以上に歯切れが悪い。そりゃ考え方は人それぞれだけどさ、何でこうなんだろうねって少しもやっとした。ちょい博多と栄だとスタイルの違いもあるのかもしれないけどさ、ちょっともやっとしちゃったじゃないか!

ちょっと、あおいたんに似ている部分あるんだよなって。
posted by My Planet at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 握手会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

15.07.19 HKT48 シアターの女神公演

一般枠にて当選、博多はマイベストパートナーの師匠と。割とスカッと遠方枠で決まってくれることを祈っていたけど、現実ってこんなもんだと思い知らされたよ。飛行機とか制約が結構出てしまって往復ともに成田からジェットスターだもんな、初LCCだったけれど色々と勉強になったと、思う、いや思いたい…

伊藤来笑・今田美奈・岩花詩乃・熊沢世莉奈・後藤泉・下野由貴・田中優香・冨吉明日香・深川舞子・村重杏奈・栗原紗英・坂本愛玲菜・筒井莉子・外薗葉月・山内祐奈・山下エミリー


唐人町に着いた瞬間に強烈な雷雨、待機が常道かと思いきや師匠が「行くぞ」との声で強行突破を図る事に。グッチョリしながら劇場には着いたけど、チケット買う順番時にはまあ程々に。何とか早い番号で買えたのは良かったけど、今回ばかりは一般枠だもの。そりゃビンゴという最大の難関も待ち受ける訳で…

わりと近場の番号からどんどん入場していく。前回のビンゴは9巡だったからそこまでなら何とかっておもっていたけれど、段々と焦りが生まれて行き、20巡台になると絶望感しかない。何とか潜り込めた時は24巡、気持ちばっかり焦って正直ってどうにもならなかった、立ち見キツイなぁって思うけどそこは博多の劇場、そんな巡でも最後列でもギリギリ着座完了できるもんよ!


■ 4年ぶりのシアターの女神

当時は飽きたとかって言っててごめんなさい、この演目はSKE48チームKUでもやったけど、本当に最高のセトリと言っても過言じゃない。もうさ、勇気のハンマーの時点で目が潤んでるんだもん、いいのかこれでって思うけどさ、一番好きなチームがやるってもんでしょうシアターの女神ってのはさ。もう前半3曲目の時点でブッ込み始めてしまってるんだが、こればかりはどうにもならない。ある意味、最後列ってのに救われている状態
菜のかもしれない!

■ 自己紹介MCは俺たちの戦場

比較的大人しい今日の客層を尻目に何時ものタイミングでお約束のあの一言!

でもなぁ、今日は何かいつも配信でみている時と様子が違うんだよね、明らかに声のトーンが違うんだけどさ。かるーくあしらう様ないつもと違って、笑顔がとっても素敵で、優しい香りは最後列までバッチリ届いたよ。やっぱりね、ここでステージと客席の見えない壁をブッ壊さないとね、ここから何かが変わっていったと思う。

自己紹介MCも順調に進んでいき、葉月のターンになっても隣が静かで不気味。あのタイミングでブッ込まれた時はヤバいどうしたんだった思いっきり焦ったけどさ、やっぱプロは違ったよ。裏ドラでの無念を晴らすが如く強烈な一声、推しからのレスよりも隣のえれたんの方がビックリでした!


■ ユニット曲は二度美味しい

1曲目は初恋よこんにちわ、当然ながらセンターゆうたん、この日のために新パターンを準備してきたけど博多の劇場は手強かった。最近連続して入ってるのが平日の手つな、タイミングはブルドンだったから余計に感じたと思う。お前らハケカスは推しじゃない子だろうがユニット曲の時くらいは全力コールせいや、思いっきり滑って二発目は自重。その辺、サケカスは優しいよなぁと、栄育ちは改めて感じる劇場公演…

3曲目はキャンディ再び登場ゆうたん、なんとゼロポジでしかも座席と目線の位置がものの見事な事に。もうね、視線の先を完全に独占しちゃう気分ってどんな感じやろうね。とにかく研究生率の高い公演でのユニット曲は美味しい、二度おいしいのはこれまた最高よ。もっとも、本店研ヲタの時は泣かされたけどねぇ…

夜風はなもんさん期待してたけど、りーぬ。ダンスメンだけど、しっとり歌い上げるこの辺りは中々の物。生唄っていいよねぇ、こういうのって好きなのよ。この曲でユニット曲を〆るからこそのシアターの女神なんだよな!


■ 後半戦のあの曲から

100mコンビニから始まるこの後半戦、この曲の途中でUターンLOVEって歌詞がある所をDMMのカメラが毎度ゆうたん抜くんだけど、この光景は劇場の座席からどう見えるのか、今まで気になっていたようやく見えた。この日は何をやってたのか近くはないからハッキリと見えなかったんだけど、実は投げキッスしてたりとか…

「 ゆ う た ん L O V E 」


以下随時加筆
posted by My Planet at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇場公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

15.06.17 SKE48 手をつなぎながら公演

モバイル枠の同伴にて当選。5月8日の公演をわざわざ遠方枠の世界からロビー鑑賞しに来てくれたKE-TAさんとの初劇場公演。ここに至るまでにも5月26日のAKB48劇場チーム4公演の悲劇と色々とドラマもありましたが、ようやく一区切りだったかな。この公演は他に11月の高寺沙菜生誕で一緒だったゆっきーーさんも久しぶりの現場復帰で当選入場、なにかと奇跡ってあるもんだよね!

青木詩織・竹内彩姫・磯原杏華・井田玲音名・市野成美・梅本まどか・加藤るみ・鎌田菜月・木本花音・熊崎晴香・小石公美子・斉藤真木子・酒井萌衣・柴田阿弥・高寺沙菜・福士奈央



6月17日 出演メンバー変更のお知らせ


1度ある事は2度あるって事で、この変更は最高に痛かった。メンバーそのものもそうだけど、これによってポジションが多少の変更に。オレ的には悲報の中の悲報…


■ 運命のビンゴ抽選

今回も14時過ぎに名古屋着、この日の総選挙ミュージアムに佐藤妃星ちゃんが来場するって事でテンションだだ下がりの中、なんとか気力を振り絞りサンシャイン栄に。せっかくのモバ枠当選だから若い番号を狙っていく事にする。

ここ最近は遠方枠での当選ばっかだから、ビンゴへの参加って本当に久しぶり。何か緊張感が明らかに違うからあんまりいい気分じゃないんだよな。最初はカウントしていったけど、途中でもうダメだった思い辞めた瞬間にビンゴ呼ばれる。9巡入場、上手5列目を確保。座席自体は遠方枠の後ろだから後退した感じだけど、ここは若干座席が高くなっているので、目線的には本店立ち最前並みか、割と美味しいかもしれない!


■ 躍動感にあふれる前半4曲

ハリキリ過ぎました、ごめんなさい…

この日は1曲目からさーなんとアイコンタクトが連続、こんなにもバシバシと飛んできてしまったら、通常でもヤバい位に沸く前半曲も沸きすぎ沸騰注意。チームE栃木の現場に引き続いてこのザマですよ。

うーん、花音休演でポジに真木子が入ると思ったけど、何とさーなんが入ってしまったから、全体曲での湧き方も半端無かったな。本当、躍動しすぎだよ俺たち、いつもじゃブルドンでやるアレを、チャイムで既に掟破り噛ますんだもんあ、ハァ…さーなん!


■ 定番の自己紹介MC

いつものお約束、今回は少し微妙だったかな。ドセンターポジから移動しているせいもあるし、高まり過ぎてて余計な枕詞をナチュラルに挿入してしまったのが敗因か。今後のためにはいい勉強になったよ、実にシンプルに行かねば!

KE-TAさんもチーム4に引き続いて。おしりんこと青木詩織ちゃんにドッカーンと行って、ええレス貰ってましたよ。うーん、実に良い、こういうやり取りが理想に近い形なんだろうね。おしりんエエよ、マジこういう子った推せる!


■ 2つ隣から目からビーム

後半MCにて柴田阿弥ちゃんの推し団扇がどうって話になって、2つ隣のヲタに持つ団扇、なんとあやちゃんの目の部分に電球が入ってて光る仕様になっていたりと、中々面白いものを持っていらっしゃる。

終演後のお見送り会が始まる前に少し見せてもらったけど、割とシンプルな構成、それでもアイデアの勝利ってかんじだよな。目からビームと言われて結構立つけど、こういうのってわざわざメンバーがMCでイヂるって事はただ事じゃあないね。


■ 公演のこれこそ醍醐味

後半最後の曲、「大好き」にてKE-TAさんのゼロポジにおしりん、明らかに歌詞と振り付けがこちら側に送られ過ぎているんですが。途中から真木子パイセンも参戦で恐ろしい状況になったいた。何せ推しサイリウムに団扇、生誕Tシャツにマフラータオルと完全武装だもの!

そして、お見送り会でも、本来だと名前の順番に並ぶはずなのに、上手側におしりん。声かけたら気づいたどんちゃんがおしりんに教えてくれてこれもまた良かった。どんちゃんは本当にええ子や。

やっぱねぇ、公演に入って全力で応援しているんだからさ、こういう反応があると本当に嬉しいんだよね。

← BACK 15.05.08 SKE48 手をつなぎながら公演

→ NEXT 15.09.22 SKE48 PARTYが始まるよ 昼公演
posted by My Planet at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇場公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者指名結果 HKT48編

第2回ドラフト会議にて各チームが交渉権を獲得したメンバーについて論じて行こうじゃないのって事で、今回はHKT48で。

■ HKT48 チームH

1位 松岡はな 15歳 千葉



2位 村川緋杏 15歳 福岡



チームHは一巡目にてまさかの松岡はな、地元の子を通り越してまさかこの子を獲るとは予想外に。第1回の時も地元まおパ二で、2巡目でグループとしての指名って事でさややを狙ったチームHだから、ある意味この子は順調に成長すれば博多の選抜位は余裕って感じなのかな?

二巡目はビビアン、やはりここで指名しなきゃダメでしょ。それにしても指原は上手いね、指名終わった後にわざわざ当日になって決めたとか、あと3キロ減とかっていうかね。ドラフト会議の見どころなんか他にも沢山あったけど、このやり取りで支店下位指名がヤフートップになるもんだよ。痕跡はキッチリと残った、後はシッカリと本人が伸びるもとい、痩せる事を祈る!


■ HKT48 チームKW

1位 今村麻莉愛 11歳 群馬



各チームが触手を伸ばしてる感もあったけどスンナリと我らがKWが指名獲得。まぁ、博多の支配人と本店3期生をダブルで敵に回す覚悟が必要だよなぁ、こんなん面倒でどうしょうもねぇよ。

KWは最年少がゆうたんこと田中優香ちゃんで、ゆうたんのゆうたんだから顔だけ□リで、ボディは□リとは程遠い存在。□リ枠の岩花詩乃もギャル化っーか大草原になったから、なこみく擁するチームHと違ってKWは適材の完全確保でマジやってくれたと思う。

麻莉愛ちゃんは幼少期にキャプテンのらぶさんとツーショット写真を撮っているんだよね。あの時の小さな女の子がこうやって大きく?なってAKB48を目指して加入してくれるなんてな、何か嬉しい事じゃない。これもキャプテンのらぶさんが□リメンだったからこそ実現した事であったし。いつの日にかKWキャプテンにまで成長した麻莉愛ちゃんが、一緒に写メ獲った子を指名する日が来たりすることを…祈っていいのか?


HKTはもう少し人数を指名して3期研究生を含めて3チーム制にするんかなって思ったけど、意外とこじんまりした指名だった。HGKT単独志望でもったいないなって思った子、結構いたんだけど何かしら思惑もあるんだろうな。まぁ人数的に目の行き届く限界線なんだろうけど、ちょっと残念な感じした。

ともあれ、今村麻莉愛ちゃんが群馬から福岡へ行くとはな。ちょい離れすぎちゃったから群馬県の観光大使とかはなれなさそうで残念だけど、一番行ってほしいチームにはいれて良かったよ。

← BACK AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者指名結果 NMB48編

→ NEXT AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者指名結果 NGT48編
posted by My Planet at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | HKT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者指名結果 NMB48編

第2回ドラフト会議にて各チームが交渉権を獲得したメンバーについて論じて行こうじゃないのって事で、今回はNMB48で。

■ NMB48 チームN

1位 本郷柚巴 12歳 大阪



2位 西仲七海 11歳 大阪



チームNは一巡指名の樋渡を抽選で逃して外れ一一位にて本郷柚巴ちゃんを指名。当日の御披露目カモネギックスでも中々光るものもあったし、何て言ったって26日の□リ3連単のセンター、王道って感じの子が難波には居ないタイプでいいね。

二巡指名も競合になったけど、今回は見事に西仲七海ちゃんの交渉権をゲット。元気な子な印象もあるので難波向きかな。チームNも卒業もあったからメンバーの平均年齢が高くなってしまったからね、こういう新しい血を入れるって言う指名は実に歓迎しますよ。難波のひなもえ、えごなる、なこみくって感じでもいいからさじっくり育てて行って欲しい子たちです。


■ NMB48 チームM

1位 17歳 神奈川



2位 堀詩音 18歳 北海道



チームMは逆に地域外の年長候補生を一本釣り。どういう方針なのかはイマイチわからねいけど、とりあえず即戦力系を入れたって事は何かしらの意図があるんだよな。

柴田優衣ちゃんは握手の時はとにかくレベル高いわって印象しか残ってない。当日は飲まず食わずの最終ループなもんでね、特にもう1ループできるかという瀬戸際で焦ってたもある。それでも、この子は来るなぁって直感はあった。

二巡指名の堀詩音ちゃんも、千葉恵里ちゃんと同じレーンだったのがこれまた同じような理由で。剥がしも高速だったしね、元気な子だなぁ…って思った瞬間には遥か彼方という。あえて年の近い子で組ませたって感じかな。NとMのチームカラーの違いが分かって面白い指名だったね。


■ NMB48 チームBU

1位 村中有基 18歳 奈良



2位 安田桃寧 13歳 大阪




3位 安藤愛璃菜 11歳 愛知



流石、俺達のBU

NMBはほぼ興味無いながら、唯一見に行きたいチームBUがやってくれたよ。樋渡指名外れに続いて、野村姉まで残して最後最後まで残って指名したのが村中先生だった時の絶望感。いや、この子は5巡指名で第2の惣田になると勝ってに思い込んでたからさ、もう完全に出鼻を挫かれた感。マジ脱走の件とか知ってて選んでるんでしょ?

二巡目は□リ3連単の安田桃寧ちゃん、他の2人がすんなり一巡指名されちゃったから何とか引っかかってくれて一安心。同じチームで3人のユニット見たかったけどね、上村ちゃんが栄単独だったから厳しい感じだったけど、おなじグループならいつかは可能性もあるはず。オレは信じている、いつかあの3人で…

三巡目はシュウナカさん推しの安藤愛璃菜ちゃん、この子は何とかって思ってて、N・Mと選択終了のため息が続く中、ようやくやってきた希望の光。おめでとうの叫びは一推し並みの大きさだったな。握手とかも少しずつで良い、ゆっくり成長して行ってもらいたい。あんまり焦る事も無く、ゆっくりと!


NMBは果敢に挑戦したから抽選で泣く結果におわる事も多かったけれど、いざ蓋を開けてみればNMは綺麗な感じで指名できてたと思う。勝負に出たのがBU、なんていってもあの村中先生ですよ、どう考えたって地雷にしか思えないんですけど、この子を育てきれば非常に面白いことになると思う。それだけの力はB2にあるとおおもうんだけどね。今は信じるのみ!

← BACK AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者指名結果 SKE48編

→ NEXT AKB48G 第2回ドラフト会議 候補者指名結果 HKT48編
posted by My Planet at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | NMB48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。